薬剤科

調剤業務

外来・入院処方の調剤には調剤支援システムを導入し、処方受付時に患者薬歴を照合しながら投与量、飲み合わせ、飲み方などの監査を実施しています。嚥下困難患者や経管栄養患者のために錠剤粉砕調剤や複数の散剤を混合する調剤など患者一人一人に対応した調剤を実施しています。
注射剤は内用薬等と同様に投与量など処方監査を実施し、患者ごと個別取りそろえを実施しています。

医薬品管理

院内物流システムにより発注業務、医薬品供給を一元管理して在庫管理の効率化を図り、在庫の適正化に努めています。また、医薬品の品質保持のため温度、光、湿度などの保存条件と使用期限の管理を実施しています。医療費削減のため後発医薬品の使用促進を積極的に進めており、品質等検討・評価した上で先発品からの切り替えを実施しています。

医薬品情報管理業務

医薬品の適正使用のため、医薬品の安全性に関する情報、副作用など添付文書の改訂などの情報を収集し、医師・看護師などに速やかに提供しています。

薬剤管理指導業務

入院患者に対し、入院時から退院まで服薬指導を実施し、患者の服用薬剤に対する疑問・不安を解消し、理解を深めた上できちんと服薬できるように努めています。指導の中で得られた服用薬剤による副作用などの情報を医師・看護師などのスタッフと共有し連携を図り、チーム医療の実践に努めています。

薬剤科の業務の様子

散剤
水剤
錠剤
PAGE TOP