こども発達支援センター

お子さんとご家族の発達・自立への第一歩をサポートします

こども発達支援センターは、児童福祉法に基づく医療型児童発達支援センターと福祉型児童発達支援センターからなる障害児通所支援施設です。
病院(医療センター)と連携して、在宅の肢体不自由や知的障害等のある就学前のお子さんを対象に、専門的な知識や技能を備えた職員が障害の状況等に応じた総合的な療育(お子さんの身体機能や身辺動作能力の維持向上を図るための訓練や言語聴覚訓練、摂食指導、保護者への支援等を含む。)を行い、発達を支援しています。
特徴は「親子通園」であり、お子さんに療育を提供するとともに、保護者も「障害や療育等について」知識を深められるよう努めています。
また、保護者からの依頼により、職員がお子さんの通う保育所や幼稚園等に出向き、そこで保育所等のスタッフと情報を共有し、お子さんがより健やかに成長できるように、また集団生活の場所で安心して過ごせるよう支援する事業も実施しています。
在職する職種は、保育士、看護師、公認心理師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などであり、専門性と豊かな知識・経験を有する職員が多職種連携により療育を行っています。
なお、利用には「障害児通所給付費の支給決定」が必要です。

福祉型児童発達支援センター

対象児:知的障害児や発達障害のある児童
対象年齢:就学前
通園日数:週3日
定員:30名
開園時間:10時~14時
利用料:電話等でご確認ください。(満3歳になって初めての4月1日以降の3年間は、幼児教育・保育無償化制度
により無料となります。(※注 食費等無料化の対象外費用があります。))
送迎:ありません。
利用期間:原則として1年以内
卒園後の進路:母子分離の療育施設や保育所、幼稚園、認定こども園等

医療型児童発達支援センター

対象児:肢体不自由児
対象年齢:就学前
通園日数:週3日
利用定員:30名
開園時間:10時~14時
利用料:電話等でご確認ください。(満3歳になって初めての4月1日以降の3年間は、幼児教育・保育無償化制度
により無料となります。(※注 食費等無料化の対象外費用があります。))
送迎:ありません。
利用期間:原則として1年以内
卒園後の進路:成長段階に応じた療育施設等

保育所等訪問支援事業

こども発達支援センターの事業として、保育所等訪問支援事業を行っています。
これは、保護者からの依頼により、職員がお子さんの通う保育所や幼稚園等に出向き、そこで保育所等のスタッフと情報を共有し、お子さんがより健やかに成長できるように、また集団生活の場所で安心して過ごせるよう支援する事業です。

対象児:県内在住で、集団生活を営む保育所等の施設に通っている児童
利用期間:6ヶ月が基本となります。(期間延長可)
訪問回数:月2回以内
費用:1回あたり1,730円(生活保護、市民税非課税世帯は無料)
ただし、初回訪問のみ別途207円かかります。
なお、満3歳になって初めての4月1日以降の3年間は、幼児教育・保育無償化制度により無料となります。

施設利用までの流れや退所後の進路

センターでの療育や訓練の様子

施設部の紹介

PAGE TOP